rinsyu deportes revista semanal

J2 レノファ山口FC のサポーターが書く応援を語る糞ブログ

20180205 (ドラマレビュー) 名古屋行き最終列車2018 第4話

本日は少し違った試みをしようかと思っています。

何かと言うと…

ドラマのレビューをします!

題名の通り 名古屋行き最終列車2018 について書いていきます。

 

まず、名古屋行き最終列車って何?

名古屋行き最終列車は名古屋ではよく知られている人気ドラマで、はじめはメ~テレの開局50周年特別番組として、2012年に全4回放送された。主演は元SKE48松井玲奈さん 六角精児さんで、名前の通り名鉄の地方の駅から名古屋駅へ向かう最終列車を舞台とした作品である。

名古屋人の一風変わった日常が繊細に映し出されていてこれがなかなか面白い。今年は第6弾で初のレギュラー放送である。

毎週見れる喜びをファンは噛みしめているだろう。

 

 

テレビ局はメ~テレだけなの?

それが人気過ぎてメ~テレだけでなくテレビ神奈川(TVK)でも放送されている。

関東圏の人間にはうれしい。さらにテレビ朝日のアプリで全国どこでも期間内なら無料で見ることができるアプリで番組を見ることが出来る。私もこれを利用していて高画質でとても見やすい。のでオススメする。

http://www.tv-asahi.co.jp/douga/Android/index.php

 

4話の自分の意見混じりの内容

 

森本宗太郎(名鉄の落し物係 六角精児)がダイエットのために通い始めたジムで出会ったトレーナーの相楽真紀(宇野実彩子 AAA)とメシの話で意気投合しそれから毎週日曜日には美味しいものを食べに行く生活が始まった。そのうち恋心が芽生える宗太郎。そこにジムの新人 堀内(タイムマシーン3号 関太)が現れる。堀内はなぜ下の名前が無いか疑問であるが、堀内と宗太郎もまた意気投合し宗太郎は兄さんと呼ばれるようになるほど親しくなった。


f:id:rinsyurenofa:20180214015838j:image

(引用 メーテレ)

そんな、デブデブの2人とマキの3人で週末のメシの旅に出かけるようになるのだが、

 

マキはメシ巡りの旅を始めたきっかけとして、学生時代の失恋の話を2人にしはじめた。

 

マキは学生時代初めてできた彼氏とのデートで何が食べたいか?と聞かれ、オムライスと答えた。これがキーとなるのだがそのオムライスが物凄く美味しかったらしく、しかしそのオムライス店は潰れてしまったし、場所も思い出せないらしい。しかし、味だけは覚えていてそのオムライスを探す旅、そして終わってしまったのに抜け出せなくなってしまった初恋を終わらせるため旅を始めたのだと。

 

んで、問題シーン

そしてマキは2人に私はデブ好きだからオムライス見つけてくれた方どっちかと将来結婚するかもなって言い始めたのだ。(※もっと可愛く言ってます) 

 
f:id:rinsyurenofa:20180214015937j:image

(引用メーテレ)

 

なんつー!悪女だよ!宇野!

 

堀内は今まで女性と縁がなく、自分に自信すらもてていなかった。ライバルにあたるが義兄弟の兄にもあたる宗太郎は堀内を応援したい気持ちと、マキを自分のモノにしたい欲望(恋心と書け)に葛藤していた。

 

そして宗太郎はいつもの相談相手の女子中学生 花音にオムライスのことを相談した。

 

するとたまたまオムライス店主の知り合いだったためすんなりレシピを確保出来てしまった。

 

それから宗太郎の葛藤は続く

このままいけば宗太郎はマキと結婚できるが、性格の良すぎる宗太郎にはそれが出来ずにいた。兄さんと崇めてくれるまで親しい親友堀内の気持ちを考えるとそう簡単に話を進めることが出来なかった。

 

ちなみに

ここで自分ならどうしただろうと考えた。

きっと大半の人はマキを選び堀内を捨てるだろう。

 

しかし彼は違った。


f:id:rinsyurenofa:20180214020040j:image

(引用メーテレ)

 

堀内を取ったのだ。 

(こんな顔しながらも)

 

 

敵に塩を送ったのだ。

そして場面はカットされているのだが

宗太郎は堀内にレシピを教えた。

 

そして堀内はオムライスを完成させた。

 

いや、しがない!

本当にしがない。

 

宗太郎は一生のチャンスを逃したのである。

親友のために三角関係の勝利を譲ったのである。

 

宗太郎は人間として尊敬に値する。

 

しかし、しがない。

 

こう書いてても泣きそうなんですもん。

 

恋とは残酷なものです。

 

次回は5話を書きます。